いづみや近江シャモ販売トップ画像

近江軍鶏(シャモ)とは

近江シャモを皆さんご存じですか?「近江シャモ」とは、平成5年に県畜技術センターで開発された、「滋賀県の地鶏」になります。 シャモと横斑プリマスロック(卵をよく産む味わいのいい品種)とロードアイランドレッド(肉質の良い品種)を掛け合わせた三元交配種の鶏になります。


それぞれの原種の「良いとこどり」をする事によって「旨味」「コク」「歯ごたえ」を堪能でする事ができ、非常に人気のある地鶏になります。

近江シャモの特徴

近江シャモの画像

通常の鶏は、50日~60日の成育期間で出荷しますが、近江しゃもは、140日以上の期間を基準として出荷をします。 そのため、肉質にも適度な弾力があり、歯わさりが良く、コクと風味が豊かになります。 皮の肉厚と油の付き具合が非常に良く、しゃも独特の濃厚な鶏肉の味こりこりした食感に加え、 脂の旨味が凝縮されている味になります。


2019年6月に大阪で開催された「G20」にも近江シャモが採用され、世界的にその魅力をアピールするきっかけにもなりました。 調理方法は、煮ても・焼いても美味しく味わう事ができるため、メニューの幅も広く人気の高級地鶏になります。

地鶏の定義とは

近江シャモの鶏画像

近江しゃもは、「滋賀県の地鶏」ですが、全国でたくさんの地鶏の名前を耳にします。 では、そもそも「地鶏」とは一体なんでしょうか。地鶏の定義には以下の4つがあります。

「在来種の血が50%以上であること」

「飼育日数が75日以上であること」

「生後28日目以降は平飼いあること」

「生後28日目以降は1平方メートルあたり10羽以下で飼育すること」

この4つのJAS法上の定義をクリアした鶏が地鶏と呼ばれます。
その地鶏の中で「近江シャモ」は、「飼育日数が定義よりも、約2倍も長く飼育」されています。 他の地鶏よりも、長く手間暇をかけて飼育を行い、平飼いでのびのび成長させている鶏が「近江シャモ」なんです。

近江シャモのまとめPOINT

近江シャモは滋賀県の地鶏で、三元交配種の「良いとこどり」をした高級鶏になります。通常の鶏の約2倍の飼育期間をかけているので、 「旨味」「コク」「歯ごたえ」も非常に良く、噛めば噛むほど旨味が増す鶏肉です。

COMPANY

  • 〒915-0057
    福井県越前市矢船町17-12

    TELL 0778-24-2929

    営業時間 11:00~18:00
    (水曜・日曜定休)

    ※都合により休業する場合がございます

Copyright © 2016 IDUMITAHONTEN.INC. All Rights Reserved.

TOP